読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

登美子の感じる世界

自分の中の“愛と平和”を育む奮闘日記。うんとこしょ♪

透明であればあるほど感動する♪ハレルヤ3選

f:id:tomikotagawa:20170226084122j:plain

 

人は透明な管である

 

私は、自分のことを、透明な管である・・そういう風にイメージしている。まさに筒抜けで、何かが通り抜けるだけの体という管。

 

現実的にも、食べ物なんて、例えばそうだしね。結局出て行くけど、その間で何かしらの別のエネルギーに変換していくこと自体が、生きるってことなのかなと。歩くこと、仕事すること、泣くこと、笑うこと、歌うこと、踊ること。

 

透明な管がにごれば、なにか重い気分になるけれど、なかなか普段曇りのないような透明でいるのは簡単にはできない。自分に馬鹿正直な人にとっては他愛のないことだが、だいたいの普通の人は、周りの人にどう思われようとも!と、心を強くもち、日々の選択を研ぎ澄ますことが必要になってくるだろう。

 

心の酸化

 

私が言う透明でいるという事は、基本的には心のことなのだけど、道具としての体の方も、老いる・・枯れる〜でなく、腐敗、、酸化しているような体になる理由が心とリンクしているようなにごりを持つ人だと、距離をとりたくなる。多分こんな風に考えないだけで、大体の人がそう感じるものだと思う。例えば、昨夜遅くに、次男の受験結果のことで落ち着かず、久々にスナック菓子にとりつかれた私の体も今朝は酸化気味・・こういう事が繰り返される人のことだ。逆に、透明代表の生まれたばかりの赤ちゃんの美しさは格別だ。

 

だから、そういう透明な管のような人に憧れる。

 

f:id:tomikotagawa:20170226084316j:plain

 

 

私のお手本、透明すぎて感動する♪Hallelujah 3選

 

昨年末から私はレナードコーエンの♪Hallelujahブームである。いや違うか?Jeff Buckleyがカバーしたバージョンかもしれない。たまたまfacebookでクリスマス以降に立て続けに3つ現れたのだが、みんな透明な管であった。この歌っている人たちの自分の使い方は、まさに私が生き方のお手本にしたい所で、何度も見ても飽きず、繰り返し観てしまった。聴くだけより動画を見た方がいい。

 

曇りなくまっすぐに自分という人間を使いきる〜というのは、こういう事だと思う。私の文章は、まだ全然、この歌たちのような透明さで人の心を揺らすことなどできないが、この♪Hallelujahを歌う人と同じように書けるようになりたいと思う。

 

透明度120% ♪Hallelujah この少女のように生きたい

etcanada.com

 

 透明度110% ♪Hallelujah この神父さんのような茶目っ気のある人になりたい


 

 

透明度100% ♪Hallelujah 歌姫3人も素敵だけど、この観客のように真っ直ぐでありたい


 

 

ルーファス・ウェインライトレナード・コーエンの名曲“Hallelujah”を1500人のコーラス隊と共にカヴァー。この時のコーラス隊の人たちも素敵。

Choir! Choir! Choir! Epic! Nights: Rufus Wainwright + 1500 Singers sing HALLELUJAH!

 

♪Hallelujahという歌自体が、人の心を美しく力があるのだろう。是非1度ご覧ください。

 

f:id:tomikotagawa:20170226090009j:plain

〜この想いあなたにも届くといいな。

 

 

 

 

 

*お悩みメール待ってまーす! お返事として、あなたの名前は出さず、いただいたお悩み解決の閃きになるような内容を登美子節で投稿いたします♪ tomikoroom★gmail.com (★を@に変えてくださいね)