魔女見習い 

 

f:id:tomikotagawa:20200226235514j:plain




『魔女見習い』

 

「おばあちゃんは、なんで魔法使いのように、私の考えていることが分かるの?」

 

「それはね、ユウキのことがとても大切だからですよ。

 

ユウキのことを、よーく見ているからなのよ。

肝心なのは、ただ見るんじゃなくて、心で観ること。

大切な人とか、庭の植物とか、空とかね。

シロと毎日散歩したり、風や、

太陽のあたたかさを感じるのも。

 

今日は、魔女見習いのユウキに、楽しいレッスンを教えてあげましょう。

 

ジャンケンをするでしょう?

それで、勝った時にね、その感覚をよーく味わって覚えておくの。

もし出す瞬間に、頭や心で考えてジャンケンの手を選んだのなら、

その感じも覚えておくといいのよ。

 

勝ったときの感じ。負けた時の感じ。

どれも形にできないような、空気に筆で色をつけるような作業だけど、根気強いのがとても大事。

 

毎日が練習なの。

お友達とご飯を食べにいくときに、何を食べようかな?って、悩むでしょう?

 

でもね、悩まないで、最初に気になったものを選ぶようにするの。

それが、今の気分にピッタリで、美味しいご飯だったときには、

ジャンケンと一緒で、その選んだ時の感覚をよーく味わって覚えておくの。

もちろん、美味しくなくて、選択を失敗したときも

選ぶときどんな感じだったのかを、体と心に耳をすますの。

 

ユウキはここまで、おばあちゃんの言うことをよくきいて、

お手伝いもたくさんしてくれました。

よく動いて、たくさん食べて、たくさん眠って、とてもとてもよく出来ました。

 

だから今日はそんなユウキに、特別なご褒美として秘密を教えました。

たくさん練習して、素敵な魔女になってくださいね。」

 

 

===

以前買った本『西の魔女が死んだ』を本棚から久しぶりに手にとりました。

映画版も私は観ました。おばあちゃんの優しさが心に染みる、お気に入りのお話しです。

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

  • 作者:梨木 香歩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2001/08/01
  • メディア: 文庫
 

その感覚を思い出しながら、上のお話しを書きました。

書いたことは、私がやってきて、今も密やかにやっていることです。

勘を鍛えたくてやっていたことではないんですが、

結果的に、そうなんだと大人になってから気づきました。

 

勘はいい方だと思います。

この記事は、とてもよくまとまっていてすごいと思いました。私も同感だったので、リンクを張らせていただきます。

www.motesetu.com

 

勘を鍛えるためには、微かな変化に意識を向けていられるか?が大切だと思います。

 

すごく現実的なことを言うと、一人で電車に乗るときもどの席が早く空くか毎回練習しています。

多分電車に乗る前からなんとなくドアからはいって、右にいくか左にいくかその時の気分で決めています。その方向にいる人で早く降りそうだと思う人の前に立ちます。そうすると、かなりの確率で早めに降ります(その席に座るかどうかは別問題)。想像するに、あと何駅かで降りようとする人の「もうあと2駅でおりないと。」という気持ちが、何かちょっとした表情や座り方で表現されているんだと思います。

 

こういうように、言葉にならないような、ハード的にほんのささいな違いを捉えられるかどうか?と言うことです。そして、そもそも捉えたいか?ということです。ジャンケンの練習も、勝つことが目的ではなく集中の仕方学ぶということだと思っています。

 

そして、何か気づいたところで、そのことについて変化を起こすために、具体的な行動を起こせるか?とか、起こしたいか?は、また別の問題です。忙しくてその些細な変化に構ってられないなどの現実的な問題も日々わたしは出くわします。

 

ですから、その気づきに対して、どう対処していくのか?

もし魔女がいるなら、そここそが、真価が問われるところだと思います。

 

意図的に勘をよくしたいのであれば、

大きい意味で人の役に立とうとする気持ちや、優しくあろうとする覚悟が必要なのだと思います。

アニメに出てくる色んな魔法使いたちも、みんな人を助けていますよね。

 

それに、勘がよくなってからと言って、いいことばかりではありません。

気づくことが多いということは、なんでも受け取っていては疲れてしまうでしょう。これも慣れが必要です。

 

そして、私はウッカリですが、勘がよくたって、残念ながらその性格は変わりません。

 

それでもやってみたい!という人は、どのくらい時間がかかるかは分かりませんが、是非チャレンジしてみくださいね。

 

日々の小さな出来事で、いつか、あれ???勘がよくなってる?と、感じる日が訪れるまで。終わりはない練習ですが、一緒にがんばりましょう。

 

==

テーマソング 手嶌葵さんの「虹」がすばらしいです。

下の映画予告編の、1 分すぎくらいから流れます。

これだとちょっと伝わらないかもしれませんが、曲だけで聴くと本当に素敵です。

www.youtube.com

www.youtube.com

手嶌葵さんは、『ゲド戦記』の「テルーの唄」も名曲ですし、ジブリの『さよならの夏』の「コクリコ坂から」など、美しい声が心にすっと染みこんでくるようです。是非聴いてみてください。

 

f:id:tomikotagawa:20170226090009j:plain